トップ

40代の妊活について

40代も妊活すれば妊娠できるか

40代でも妊活は可能か

仕事を持つ女性が増えていることから、男女共に日本では晩婚化が進んでいます。あるデータによると平均の初婚の年齢が男性で30歳、女性で29歳と言われています。晩婚化が進むということは35歳以上の高齢出産をする人も増えることになります。今では40代で初めての妊娠・出産を経験する人も増えています。もしかすると、あなたの身近な方にも40代に入ってから妊娠・出産したという方もいらっしゃるかもしれません。そして妊活について悩んでいるならしっかりとした知識を身につけることが、その解決方法となります。妊活するならこのサイトの情報が参考になりますのでチェックしてみるといいかもしれません。

そうです、40代でも妊娠は不可能ではないのです。確かに、20代や30代と比較すると、40代で妊娠する確率、無事に出産にまで至る確率は低くなります。特に35歳を境にその確率は急激に下がるといわれています。それは、妊娠するのに大切な女性ホルモンや卵子の質が年齢と共に低下していくためです。また、年齢を重ねるごとに卵巣機能も低下し、卵子を成熟させて、排卵させる働きが弱くなってしまいます。そして、せっかく受精した卵子をスムーズに運んで着床させる力も衰えてしまいます。

40代になると総合的に妊娠力が弱くなってしまうことは否めません。しかし、生活習慣や食習慣を見直し、若さや健康を保つように心がけることで、妊娠力を高めることは可能です。
妊娠したいと思ったその時から、喫煙やアルコールの過剰な摂取は控えるようにしましょう。喫煙や飲酒は体を酸化させて老化を促進させてしまいます。

また、バランスの良い食事や早寝早起きの習慣も妊娠力を高めてくれます。40代の妊活を成功させるため、できることは何でも行うようにしましょう。40代だからといって妊娠できないと思い込むことはありません。妊娠の可能性を高めるために不妊症の治療を行うという方法もありますよ。